先日の朝のワイドショーで、主婦のSNSトラブルについて特集していました。 私は、アナログ人間なので、未だスマートフォンは使ったことがありませんので、実感がないところです。 娘はスマートフォンではありませんが、LINEをやっていますので、なんとなくはわかります。 メッセージを読むと「既読」と表示され、読んだのに返事が返ってこないと、不安になるのだとか...。 中には、自分が無視されたという被害妄想が膨らみ、仕事が手に付かないという人も居るそうなのです。 こういう捉え方は、未成年の間ではよくありそうですが、大人になっても引きずるのは問題だと思います。 自分の居場所をきちんと持っている人は、割り切ることが出来ると思うのです。 問題なのは、自分の居場所がなく、SNSやネットの人間関係を居場所にしている人達が増えていることです。 そもそも、SNSやネットに依存し、相手の行動まで支配している状態に陥ってしまうことは危険です。 もちろん、至急を要する話の内容であれば、仕方ありません。 しかし、人それぞれ、優先順位が違います。 当然、大人になれば、仕事や生活を優先する訳ですから、返事を返せない場合だってあるでしょう。 LINEの世界は、やっている本人達の間でしかわからない、やり取りだそうなので、いわゆる密室です。 文字でやりとりする眼から入ってくる情報は、耳からの情報とは違うのでしょう。 既読無視に振り回されている方は、ご自身の心の自立について、一度、考えてみられてはいかがでしょう。